ライティングスキル

ファンもできるけど嫌われる自分の軸!

どうも、ヨシヒコです。

 

誰にどんな情報を届けたら良いのか分からない・・・。

こんな悩みを持ってる人が結構いるんじゃないでしょうか?

 

結論です。

どんな人にどうなってもらいたい情報なのか?

これを自分で決めるだけです。

〇〇を知らない人に伝えたい情報。

ゴルフのスコアが上がらない人はまず、真っ直ぐにボールを飛ばすことができないから、初心者でも真っ直ぐ飛ばすためのスイングを身につける必要がある。
そのための方法を伝える情報。

みたいな感じです。

自分の発信に対して、興味を持っている人だけが反応してくれたら良いと思うのか、それとも範囲を狭めて〇〇に関係した人に読んでもらいたい情報なのか。

それによって届ける情報を決めてしまえば良いだけです。

そんな限定的な情報だと興味がない人が離れていってしまうのでは?

と心配する気持ちも分かりますが、まるっきり問題ありません。

 

そもそも、どんな情報を発信しようと、離れていく人は離れていきますし、1番問題なのは、自分が読んでほしいと思ってる人に読んでもらえなくなることです。

誰の心にも刺さらない無難な情報を発信してると、集まってくるのは表面的な付き合いの人ばかりです。
可もなく不可もなくの状態ですね。

逆に、メーッセージ性の強い発信は、離れていく人も多くなるかもしれないけど、ファンになってくれる人も出てきます。

 

芸能人を例にすると納得してもらえると思います。
みんなそれぞれ個性が強いのは当然。
だからこそ根強いファンもいればアンチもいるんです。

熱狂的なファンが1人2人と増えていって、少しずつでも人気が高まってきたらそれで良いんです。

Twitterのフォロワー数が何千人いても、「いいね」「リツイート」「リプ」が少ないと影響力が小さいと判断されてしまうのと同じで、たいして興味を持ってもらえないツイートをしていても意味がない気がします。

それよりも、フォロワー数が100人や200人でも、50人から反応があるアカウントのほうが、よっぽど価値があります。

あなたの発信する内容に興味を持ってくれる人が今は少数だったとしても、長い目で見ると、自分の軸をしっかりと持って発信していくほうが価値が高まっていくはずです。

あなたが本当に届けたい情報を、届けたい人に届ける。

本当にただそれだけです。

 

総合ショップよりも専門店のほうが、よりコアなお客さんが集まりますよね。

その人達が喜んでくれる情報を、自信を持って発信していきましょう。

 

 

月別投稿

  1. ライティングスキル

    どんな小さなことでも経験があればコンテンツが作れる!
  2. 自己啓発

    コピーライターに資格はいらないけど自信は必要!
  3. Twitter

    Twitter初心者が知っておくべきこと!(基礎編)
  4. 自己啓発

    ステータスを高く保つために考え方や捉え方を変えてしまおう!
  5. ライティングスキル

    コピーライティングは具体的にイメージを与えることが重要!
PAGE TOP