ライティングスキル

心に伝わる文章を書こう!指示する文章とは違うポイント!

どうも、ヨシヒコです。

 

相手の顔も見えなければ、声すらも分からない。

それがメールLINE、SNSの世界にある文章ですよね。

まったく同じ本を読んだとしても、人それぞれの感想が違うように、文章の受け止め方は人それぞれ違います。

 

LINEを例にすると、

絵文字やスタンプを上手に使ってる人もいれば、単なる文字だけだったり、句読点や改行もなく、相手に対して抵抗のある印象を与えてる人もいます。

それだけで

  • 人付き合いが苦手な人?
  • 私のことが嫌いな人?
  • 単純に怖い人?

みたいに伝わってしまうので、間違っても温かい印象の人にはなりませんよね。

職種によっては「重要な指示」を与える時に、余計な文章はいらないのかもしれませんし、淡々と必要最低限の文字で伝えることが大切かもしれません。

でも、日常のメッセージのやり取りが丁寧な人にとっては、違和感を感じるのも確かです。

「来月までに〇〇の原稿、書いといてください。
 よろしくお願いします。」

こんな文章がきたとしたら、
「はっ?」
って思う人もいるでしょう。

でも、ほんの少しでも感情を加えてあげると、こんな文章になります。

「来月までに〇〇の原稿、書いといてください。
 よろしくお願いします。
 
 昨年の〇〇さんの記事がとても良かったので。
 今年もきっと好評になるんだろうなって期待しています。」

と変えるだけで、随分と印象が変わると思いませんか?

御礼のメッセージを頂いた場合でも

「ありがとうございました。」

だけより、

「毎年楽しみにしていて、みんな喜んでました。
 いつもありがとうございます。」

のほうが嬉しくないですか?

そうか、それじゃあ来年もプレゼントして喜んでもらおう!

ってなるものです。

 

相手の感情や気持ちがわかるようになると、それに答えたいと思うのが人間心理です。

つまり、文章に温かみを感じてもらえるように、ほんの少しでも自分の感情を盛り込んであげることが効果的です。

相手の心に伝わる文章を考える時の参考にしてみてください。

 

 

月別投稿

  1. 自己啓発

    ステータスを高く保つために考え方や捉え方を変えてしまおう!
  2. Twitter

    Twitter初心者が知っておくべきこと!(機能編)
  3. ライティングスキル

    読者の短期記憶を混乱させない文章の書き方!
  4. ライティングスキル

    人に興味を持つようになれば自然と文章力は上がる!
  5. 自己啓発

    2020年 もう間に合わない?個人で稼ぐ力を身につけよう!
PAGE TOP