ライティングスキル

コピーライティングは人物像を明確にすると反応が変わる!

どうも、ヨシヒコです。

 

今までは「欲」について書いた記事ばかりでしたが、

「生命の8つの躍動」

一般的な抽象度の高い「欲」のことです。

 

あなたにも、普段から楽しんでる趣味が一つや二つあると思いますが、何かの「欲」を満たしたくて取り組んでることがほとんどだと思います。

でも、みんながみんな同じかと聞かれたら、それは違いますよね。

僕が楽しんでるフィッシングも同じです。

  • 釣ることが楽しい。
  • 川・湖・海で過ごす時間が良い。
  • 釣った魚を食べたい。
  • 釣った魚で料理をしたい。
  • 釣友と過ごす時間が楽しい。
  • 釣った魚をつまみに酒を飲みたい。
  • 釣友と繋がっていたい。
  • 釣場へ行くまでのドライブが楽しい。
  • 釣友と競い合ってるのが楽しい。
  • 好きな道具で釣りがしたい。

など、人それぞれ同じ趣味でも色々な考えがあります。

 

なので、人それぞれに合った文章が書けるようになって、はじめてコピーライティングが活かせる。

つまり、

「相手の心を動かす文章」が書けるようになるということです。

 

なので、抽象的なことばかり伝えてきたので、少しは具体的な事柄に対応できる内容も伝えていきますね。

「生命の8つの躍動」についてはずっと紹介してきましたし、

前回のブログでは「人間の後天的(二次的)9つの欲求」についても触れました。
後天的欲求は「生命の8つの躍動」よりは劣る!

 

では、実際に文章を書くときに、どの欲をどのように刺激すれば良いのでしょうか?

まず始めに考えることは、

「あなたが書いた文章を読む人は誰なのか?」

 

ここを具体的に想像しましょう。

そして、相手の立場で考えた文章を書きましょう。

 

決して独りよがりな内容にしないことです。

あなたの文章を読んでくれる相手のことを深く考えてみましょう。

  • どんなことを求めていますか?
  • 興味関心はなんでしょうか?
  • 価値観はどうでしょうか?
  • 今まで敏感に反応した内容は?

 

相手のことを考えながら書いた文章であれば、間違いなく読者はついてきます。

ポイントとしては、具体的な人物をイメージすることです。

  • 住んでいる場所
  • 家族構成
  • 価値観
  • 経歴
  • 年齢
  • 趣味

これらすべてを明確にしてみましょう。

 

そして、人間であれば必ず備わっている「欲」がありますよね?

その「生命の8つの躍動」を深く刺激していきましょう。

 

個人に対して深い理解が進むほど、相手の心を動かす文章になります。

また、

ハッキリとイメージしてから書いた文章は、その人物像だけに伝わるだけじゃありません。

その人物像に近い人にも波及する力を持っています。

 

しかし、設定した人物像が曖昧だと、誰の心にも響かない文章になってしまう。

ここが重要なところです。

例えば、マイホームが欲しいと思ってる男性に対して、

 

「コレさえあれば、60歳でも髪の毛のフサフサが維持できます!」

と言ったところで、反応は薄いですよね?

当然のことですが・・・。

 

でも、

「耐震強度は業界最高水準!高気密高断熱で長期快適な住まいづくり!」

こんなフレーズの広告を見たら、反応しない訳がありませんよね?

 

マイホームが欲しい。

という欲求と、

  • 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい。
  • 恐怖、痛み、危険を免れたい。
  • 快適に暮らしたい。
  • 愛する人を気遣い、守りたい。

という「生命の8つの躍動」にある4つを含めて考えてみました。
書籍はこちら

 

「マイホームが欲しい!」という欲求の強さを知らなければ、相手の心に響く文章は書けません。

つまり、どれだけテクニックを覚えても、相手の理解がないかぎり、心を動かす文章は書けないということです。

逆に、相手の強い欲求が分かれば、強いメッセージ性のある文章を書くことができます。

 

まずは、あなたの文章の読み手がどんな欲を持っているのか?

こんなことが想像しながら、相手の心に突き刺さる文章を書いていきましょう。

 

月別投稿

  1. ライティングスキル

    情報発信において「目的」を明確にする理由!
  2. ライティングスキル

    ノウハウコレクターはコレで引退!価値の本質を知ろう!
  3. 自己啓発

    2020年 もう間に合わない?個人で稼ぐ力を身につけよう!
  4. 自己啓発

    情報発信者として自分の軸やスタイルを意識しよう!
  5. Twitter

    Twitterアカウントの構成要素はこれ!自分をピールする方法とは?
PAGE TOP