自己啓発

ステータスを高く保つために考え方や捉え方を変えてしまおう!

どうも、ヨシヒコです。

 

僕もこの考え方を持つようになってから、行動するのが楽しくなってきましたので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

自分に自信が無いと悩んでいる人が結構いるようで、
自信がない=行動できない
という図式が成り立ってしまうように、自信の有無だけで生き方は変わってきます。

 

先進国の中でも自己肯定感が低い日本人の割合は多いみたいですし、まずは考え方や捉え方をポジティブに変えることから始めたいですね。

 

行動する前の考え方や捉え方の段階ですから、まずは「思い込む」だけでいいんです。

という話なんですが、先立ってステータスってなんだ?

 

はい。

status(ステータス)とは、社会的地位や身分のことを指します。

突然ですが、あなたはどんな人を怖いと感じますか?

 

強面で色黒で、見るからに筋肉質な男でしょうか?
大きな声で人を威嚇する暴力的な印象を受ける男でしょうか?

確かに自分が被害に合うかもしれないと思ったら、上記の人は怖い人です。

でも、本当の意味で怖さを感じるのはステータスの高い人だと個人的には思っています。

 

先ほど説明した社会的地位や身分というよりも、誰にも屈すること無く、自分の道を歩んでいく強い精神力を持った人が本当の意味で怖さを感じます。

 

例えばですが「闇金ウシジマくん」という漫画がありますよね。

ドラマ化されて映画にもなって人気を博しましたが、主人公のウシジマくんは当然のごとく闇金会社の社長さんです。

ウシジマくんの特徴として、感情を表に出さないので顔色を変えませんし、相手を見るときも目が動きません。

なにを考えているのか分からないし、なにを言われても動じることがない。
本当の怖さを持った、ステータスが高い状態の人です。

これは文章で情報を発信してる人にも共通するところなんですが、このようなステータスをしっかりもっているかで、説得力も受ける印象も変わってきます。

この人が伝えたいことはこれか!
今まで誤解していたけど、実は自分のことを考えてくれてるんだ!

 

相手が誰だか分からない人に、なんとなく伝えようと思っても、そんな気持ちで書いた文章に力が宿ることはありません。

強い口調で伝えると読んでくれる人がいなくなるかもしれないと心配する人がいますが、本当の意味を理解してもらえたら嫌われることもありません。

読んでもらえる人に有益な言葉を伝えたいと思って書いた文章は、相手の心に伝える力強さが違います。

とはいっても、相手への配慮に欠けることや傲慢になるのはダメですよ。

 

ということで、自身の心のステータスだけは自分で最高値をつけて、自己肯定感を最大限に高める。

そうすると、あなたの発信にも伝わる力が宿ってくるということです。

遠慮してる時間は勿体ないので、自分のステータスをどこで高めるか考えましょう!

 

 

月別投稿

  1. 自己啓発

    ステータスを高く保つために考え方や捉え方を変えてしまおう!
  2. 媒体戦略

    ブログ・SNSで情報を発信するのは何のためか?コンセプトを決めて行動しよう!
  3. ライティングスキル

    読者に興味をもたせる文章の要素とは?
  4. ライティングスキル

    コピーライティングはモノを売るための文章テクニックではありません!
  5. 自己啓発

    人の希少価値ってなんだろう?誰でもできるのに逆が多い!
PAGE TOP