Twitter

Twitterアカウントの構成要素はこれ!自分をピールする方法とは?

どうも、ヨシヒコです。

 

今回はTwitterを運用する際のアカウント作成で、意識したいことについて書いていきます。

まず最初に行うアカウント作成ですが、4つの構成要素があるので確認しますね。

  • アカウント名
  • プロフィール(160文字以内の文章)
  • プロフィール画像
  • ヘッダー画像

 

これらを上手く使って

「あなたがどんな人で、何の情報を発信してる人なのか?」

を、他のユーザーが簡単にイメージできるようにすることが重要です。

 

  • この人は株式投資をメインにやってる人で、株の売買について情報を発信してる人なんだ。
  • この人はアウトドアが好きで、便利なグッズの紹介や楽しみ方を発信してる人なんだ。
  • 書道が好きで、綺麗な字の書き方を発信してる人なんだ。

 

とか、誰もがパッと見ただけで

「このアカウントはどんな人が、なんの情報を発信してるか?」

が直感的に分かるように作りこむことです。

 

人は基本的に、よく分からないものには興味を示しませんし、興味がなければ深く考えることもしません。

なので、アカウントを作成する際は
「自分が何者か?」
をアピールできるようにしましょう。

 

もし分からなければ、他のアカウントを観察してみましょう。

  • フォロー数
  • フォロワー数
  • いいね
  • リプライ
  • リツイート

の数から、人気アカウントは判断することができます。

 

では、4つの構成要素について、とりあえず観ていきましょう。

アカウント名

どんなアクションを起こすにしても、常に表示されるのがアカウント名です。

この名前にあたる部分が印象に残るかどうかで、気になったり覚えてもらえるかが決まると言ってもいいでしょう。

 

そのために、アカウント名には

「自分が呼ばれたい名前」
「何をしてる人なのか」

が入れてあると覚えてもらいやすいです。

 

名前は、ひらがなカタカナなど4文字以内にして、何をしてる人かも、読んで分かる内容にしましょう。

分かりやすいというのが大前提です。

それだけでも少しは印象に残りますからね。

分かりずらいアカウント名は興味をもってもらえません。

プロフィール

文字数は160文字に制限されています。

プロフィールの内容は、アカウント名では説明できなかったことを伝えましょう。

  • 自分の生い立ちや過去のエピソード。
  • 現在は何をしてる人なのか?
  • このアカウントをフォローすると、どんなことを知ることができるか?
  • フォロワーにとって、どんなメリットがあるか?

これらを具体的に伝えましょう。

 

限られた160文字で表現するのは難しいかもしれませんが、まずは適当に書き出してから余計な文言を省いていきます。

内容が濃くなると、文章が持つエネルギーも高まります。

パソコンから入力したほうが文字数が多くなるみたいなので、編集はスマホよりはパソコンがオススメです。

プロフィール画像

明確な答えはありませんが、

  • 威厳を打ち出したいのか?
  • 人間的な魅力を伝えたいのか?
  • 高感度を上げたいのか?
  • 親近感をもってもらいたいのか?

それらの目的によって異なってくる部分です。

 

プロフィール画像は自分の顔写真を使うのが一般的ではありますが、抵抗を感じる人も少なからずいます。

光量が足りない写真は暗い印象を与えてしまうデメリットもあるので、個人的にはイラストがオススメです。

 

カラーリングで明るい印象を与えることもできますし、親しみやすいのもイラストの特徴です。

インパクトのある画像は脳内に残りやすいので、それだけでも覚えてもらえる可能性が高まります。

最初は悩んでしまうかもしれませんが、ツイートの方向性を振り返りながら変更することも視野に入れておきましょう。

ヘッダー画像

アカウントの一番上に表示される大きな画像の部分です。

アカウントのテーマが分かるような内容にすると、覚えてもらいやすくなります。

  • アカウント名
  • プロフィール画像
  • プロフィール

の3つの要素とマッチするように、内容や色合いを整えると効果的です。

 

まとめ 「インパクト」を与えるアカウントにする!

Twitterには数え切れないほどのアカウントが存在します。

その膨大な量のアカウントの中から、あなたのアカウントを見つけて興味をもってもらうには、「インパクト」が欠かせません。

他のアカウントとの「違い」を感じてもらえるように、他のユーザーと比較して目立つ何かを与えなければなりません。

他のアカウントに埋もれない工夫が必要なので、上記に示してきた

  • 「アカウント名」
  • 「プロフィール」
  • 「プロフィール画像」
  • 「ヘッダー画像」

を自分なりに考えて作るだけでも「違い」は出せます。

さらに深く追求していくと、尖ったアカウントに育てることも可能です。

 

そのためには、「インパクト」を与えたあとも継続的に興味をもってもらえるツイートも欠かせません。

4つの要素で示した方向性と違うツイートが多くなると、読者が得られるメリットが無くなってしまいます。

 

SNSはインターネット上のコミュニケーションツールですが、「人」と「人」との繋がりにおいて、ネットもリアルも関係ありません。

そのへんを踏まえて、自分らしいアカウントを育てていきましょう。

 

楽しさだけは忘れてしまわないように!

Twitterでのマネタイズ方法がわからない人のための教科書

 

月別投稿

  1. ライティングスキル

    コンテンツとはなんだ?価値を与えるものだ!
  2. 自己啓発

    人の希少価値ってなんだろう?誰でもできるのに逆が多い!
  3. ライティングスキル

    相手の感情を揺さぶる表現方法は常識から考える!
  4. 自己啓発

    情報発信者として自分の軸やスタイルを意識しよう!
  5. ライティングスキル

    読者に興味をもたせる文章の要素とは?
PAGE TOP