ライティングスキル

コピーライティングは具体的にイメージを与えることが重要!

どうも、ヨシヒコです。

 

コピーライティングはテクニックだけで書くことができない!

という話を前回のブログで書きました。
コピーライティングは人物像を明確にすると反応が変わる!

 

「生命の8つの躍動」が刺激されることによって、人間は考えたり行動するようになる。

つまり、人間の心理や欲を理解することがコピーライティングの本質部分というわけです。

では、その本質部分の理解を深めていきましょう。

 

今回は「現代広告の心理技術101」の34ページにある

「具体的な視覚的言葉でイメージさせる」

という部分です。
書籍はこちら

 

実際のところ、文章の分かりやすさって具体的に書かれているか?

ですよね?

抽象的な言葉が多いほど、理解に苦しむ文章になってしまいます。

 

もし抽象的な言葉を使うのなら、そのあとに具体的な例を出して説明してくれると、とても親切な文章になりますね。

例えば、

「私は自己中心的な人が嫌いです。」

という文章は具体的でしょうか?

 

自己中心的と言っても、なにかしら具体的な経験があって、嫌いだと感じたわけですよね?

 

友達と一緒に居酒屋に行ったら、自分が食べたいものばかり頼むとか、あとから箸をつける人のことを考えないとか、なんでも出てきますよね?

ここのポイントは、

「嫌いな人は誰か?」

と聞かれたときに、

「自己中心的な人」

って返すのはなことです。

もし、具体的に自己中心的な人の行動を考えるには、時間もかかるし説明するのが面倒くさいって思ってしまいますよね。

でも、発信する立場ですから。

ここは楽を選択するわけにはいきません。

 

伝えたいと思ってる側ですから、正確に具体的に伝えるために、時間をかけて表現する必要性があります。

 

例えば、あなたの読者1000人が読んでくれたとしましょう。

 

1%が興味を持ってくれたら10人です。

もし、楽をしないで具体的に伝わる文章を書いたら、1%だけ興味を持ってくれる読者が増えました。

 

そしたら20人です。

 

売上が今まで10万円だとしたら、1%の読者が興味をもってくれるだけで、計算上は2倍の20万円が売上になります。

3%なら3倍の30万円

10%になったら10倍の100万円が売上です。

 

これって凄い差じゃないですか?

1%が倍の売上に変わるのですから。

面倒くさいと思ってしまうことでも、読んでくれる相手の立場になって時間を使うと、具体的で伝わる文章に変えることができてしまいます。

なぜ具体的に説明することが重要かというと、

人間はイメージできることじゃないと理解できないからです。

 

このイメージさせるために、具体的な例を持ち出すのは有効な手段です。

これだけでブログの読者が2倍になったり、売上が5倍10倍になったりするんです。

僕も10年以上前からブログは書いていますが、当時は数ヶ月続けても月収が200円とか、時には500円で喜んでいました。

その頃が懐かしいです(笑)

 

でも、コピーライティングを学びながら実践するようになると、あっという間に10倍20倍の収入に変わっていきました。

ちょっとだけ時間と労力をかけるだけで、これだけ成果が変わる。

 

伝えたい文章を書くためには、読者の脳内で体験させることが大切なんだと気づかされました。

 

自然と脳内で体験できる映像が浮かんでくるかどうか?

 

あなたも文章を見直しながら作ってみてください。

ポイントは文章からイメージが湧いてきて、実際に脳内で体験を済ませることができるかどうかです。

 

 

月別投稿

  1. 媒体戦略

    ブログとSNSの役割を使い分けて情報発信するべき理由!
  2. 自己啓発

    ステータスを高く保つために考え方や捉え方を変えてしまおう!
  3. 媒体戦略

    ブログ・SNSで情報を発信するのは何のためか?コンセプトを決めて行動しよう!
  4. ライティングスキル

    人間の隠れた欲を探すコピーライティング!
  5. 自己啓発

    アフィリエイトの悩みを解決する考え方!
PAGE TOP